パトリック・デンプシー2008年03月20日 06時15分59秒

メラニーは行く!(2002)
(左)PATRICK DEMPSY  1966/1/3  USA

3年ほど前に米国で“もっともセクシーな男”の1位になったデンプシー。80年代からキャリアのある彼のことは知ってはいたけど、そんなにセクシーとも思ったこともない。むしろ地味だし、その時で40歳に近く、はて、なんで?と思ったのだが、その年、米国でスタートしたTVドラマ「グレイズ・アナトミー」で大ブレイクだったというわけだ。

そう、80年代の青春映画やコメディでちらちらと見ていた。クリスチャン・スレイターやキーファー・サザーランドと同じブラット・パック世代なんだけど、なぜか彼は一緒に名前が出ることはあまりなく、80年代独特の軽さのあるコメディ作品中心に独自の路線を行っていた感がある。最近は見かけないなと思っていたら、やっぱり彼もTVに行っていたのか。キーファー、ロブ・ロウ、チャーリー・シーン、アンソニー・マイケル・ホールと、80年代に若手俳優だった彼らはTVで生き残るタイプが多いみたいだねぇ。

一番古い記憶のデンプシーはというと、「ダルク家の三姉妹」でジェニファー・コネリーをはじめとする3人の女たちに翻弄されるふにゃふにゃ男(笑)。
ルックスは悪くない。でもとびきりカッコいい!っていうんでもなく、やわらかい印象のいわゆる優男。人が良さそうで確かにTV向きの好感度高そうなタイプかも。マシュー・モディンと似た感じかな。つまり、私の注目するタイプだな(笑)。
といいつつ、次にちゃんと憶えているのは「ヒューゴ・プール」で、これもとっても優しいいい人。ちょっと変わった感じの映画だったので憶えている。

・・・実は、デンプシーは知っていながらも、見ていながら気がつかないでいたことが多く、再見で、あっ、ここにも出てたんだー、なんてことが多かった。それだけ地味なんだよねぇ。
「モブスターズ」でスレイターの仲間のギャングの一人だったのには驚いた。確かにデンプシーだった。しかしながらとてもギャングには見えん。ルックスが柔和過ぎて違和感ありあり。なんて初見当時は全然気がつかなかったんだけどね。
「きっと忘れない」でのデンプシーはブレンダン・フレイザーの学生仲間なんだけど、ちょっとワイルド系。これまた似合わん!作品自体はとっても良い、良質な90年代の青春映画。
「アウトブレイク」で、あの出血熱の最初の被害者が彼だったのには結構びっくりした。こんなメジャー映画にも出ていたんだー。
そういえば「スクリーム3」なんてものもあったっけ。なんだか情けない刑事だったが、彼らしいといえばらしいかも。
「スクリーム3」は、今、書いてて思い出したけど、見ていてもどんな役だったか思い出せないのもある。「愛のトリートメント」「クライム・タイム」なんてどこに出てたっけな~。好きなタイプには違いないんだけど、それだけ印象が薄いってことかね?

そんな彼を久々に見て、これはカッコいい!と思ったのが「メラニーは行く!」。
リース・ウィザースプーンの婚約者にしてNY市長の一人息子。リース演じるメラニーはそんなデンプシーと、アウトローな田舎者のジョッシュ・ルーカスの間で揺れる。
ハンサムで聡明で性格も良くて名声もある。そんな王子様みたいな役が嵌る人だったのねー。30代後半からは、育ちが良く、頭もいい、着実なキャリアの持ち主で誠実で優しい。そういう役が続々。優男が年齢とともに成長し、キャリアを身につけた大人の男の魅力を増してきた。なるほど納得。

出演シーンは少ないけど「卒業の朝」の、今じゃエリートの名門校の卒業生。「フリーダム・ライターズ」の実直な夫。主演級じゃない時の彼は傍役の昔の雰囲気そのまま。下手するとこれも忘れそう。

最新作は「魔法にかけられて」。このデンプシーがまた魅力大爆発。作品は“これはディズニーだから!”って思わないと観てられない部分もあるが、デンプシーらしさがよく出ている1本だと思う。ある意味、とうとう王子様役を演ってしまったか!って感じ。
職業は弁護士。妻には逃げられたが可愛い娘の父親で、NYにそれなりにでかいアパート。「メラニー」の時も「卒業の朝」の時も思ったけど、ぴしっとした上等なスーツ姿が似合う。カッコいいビジネスマンっぽいんだ。娘には優しい父親で、優男なんだけど生き方に関しては堅い感じもする。「魔法にかけられて」ではおとぎ話のお姫様にその堅さをほぐされていくという、まさにおとぎ話。舞踏会のシーンでは本当に王子様の衣装を着て、あまりの違和感のなさに思わず笑ってしまった。

さて、№1のセクシー男になった「グレイズ・アナトミー」は1年遅れで日本にもお目見え。今度は優秀な脳外科医。キャリアがあって、しかもハンサム。絵に描いたような理想の男?ファーストシーンから一夜明けの裸姿。セカンドシーンはそのお相手のヒロインの上司として登場。白衣がさまになっていて立ち姿がカッコいい。派手目のバンダナをした術着姿といい、なるほどアメリカ人は好きそうだー。

これがきっかけで映画にも少しずつ戻ってきたデンプシー。今後もメジャー作品でお目にかかることが増えるかも。
40歳過ぎてからブレイクした彼。私とそう歳が違わないのね。歳をとると役が減って苦労する女優と違って、年齢を重ねて魅力を増す俳優っていいやねぇ。
役者に限らず一般人でも同じこと。魅力ある大人の男性ってほんとに素敵。女は男以上に努力が必要だけれど、私も頑張ってできるだけ魅力ある大人の女になりたいわん♪

コメント

_ 哀生龍 ― 2008年03月20日 22時58分32秒

>“もっともセクシーな男”の1位
えっ セクシー?? 彼が??
と正直思ってしまいました。 ごめんなさい(^^ゞ
「グレイズ・アナトミー」のCM等をケーブルTVで良く見るようになったせいで、彼の事を沢山見ている気になっていたのですが、実際は数作しか見ていませんでした(苦笑)
一番最近見た「魔法にかけられて」の例の“王子様の衣装”、最高でしたよ!
「ニューヨークの恋人」のレオポルド公爵より、カッコ良く見えた w(*゚o゚*)w

_ めかぶ ― 2008年03月22日 16時03分32秒

>「ニューヨークの恋人」のレオポルド公爵より、カッコ良く見えた

そうかもー。ああいう衣装が似合う人って貴重かも。
そうか、今後はコスチュームもので見たいかもしれませんね♪

_ さほ ― 2008年03月23日 02時34分59秒

私は今日魔法にかけられてを
見ました!
パトリック・デンプシー
最高にかっこよく
あの役似合ってましたねー。

_ めかぶ ― 2008年03月23日 15時44分09秒

さほさん、コメントありがとうございます♪
育ちが良く、人柄もいい感じが顔に出てますよねぇ。

王子様役が似合う人は彼とヒュー・ジャックマンと、
ジェームズ・マースデンもあれはあれで超似合ってますね。

ところで、パトリック・デンプシーをUPしたら、ブログランキングが飛躍的に上がりました。おそるべしデンプシー効果(笑)。

_ tabou ― 2008年04月17日 08時31分24秒

彼の人気は凄いんですね。(最近映画にうとくって・・・)
「メラニーは行く」に出演してた方だったとは、ここを読むまで気がつきませんでした。
それと「アウトブレイク」
もう目から鱗状態です。(爆)

目から鱗といえば
>同じブラット・パック世代
まったく知りませんでした。(~_~;)

7月にはまたもや新作「近距離恋愛」が公開されますね。
個人的には彼のライバルであろうケヴィン・マクキッドが見れて嬉しい限りです♪

_ めかぶ ― 2008年04月27日 12時57分08秒

tabouさん♪

遅くなってごめんなさい!
コメントありがとうございます。
今や勢いに乗ってるデンプシーですが、tabouさんが注目するタイプだと思っていなかったのですが(笑)、なるほど新作ではマクキッドと共演ですかっ!情報ありがとうございます。ハードなマクキッドとソフトなデンプシー。間に立つのはミシェル・モナハン!?きゃー、期待しちゃうっ♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mekabu.asablo.jp/blog/2008/03/20/2789151/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。