PARIS パリ2009年01月03日 00時40分58秒

PARIS パリ(2008)
PARIS パリ PARIS
2008 仏 監督:セドリック・クラピッシュ
ロマン・デュリス、ジュリエット・ビノシュ、ファブリス・ルキーニ、アルベール・デュポンテル、フランソワ・クリュゼ、カリン・ヴィアール、メラニー・ロラン、ジル・レルーシュ、ジネディーヌ・スアレム

ダンサーのデュリスは重い心臓病で移植が必要だと診断される。手術を待つ日々を彼は姉のビノシュの世話になることにし、ベルヴィルのアパルトマンの窓からパリの街を人々の暮らしを眺める。

クラピッシュ作品の中でもヒューマンドラマ的な群像劇。「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」の青春系が勿論好きだが、このタイプも好き。パリの街に生きる登場人物たちを描くクラピッシュ監督の視線がおかしくも優しい。そして、最後はちょっと不安を感じつつフェイドアウト的に終わる。

ロマン・デュリスだが、先に挙げた2作では大人になりきれない、しょうがないなぁ~と言いたくなるような男の子っぽい男だったが、今度の彼はちょっと事情が違う。なんだかとてもいい。ロマン・デュリスとクラピッシュ監督のいい関係が伺えるようでなんだか嬉しい。
あまり得意じゃないジュリエット・ビノシュも今回は嫌味がなく時に可愛いと思える瞬間もあった。
「親密すぎるうちあけ話」で知ったファブリス・ルキーニの軽妙さが良い。クラピッシュ監督作は「百貨店大百科」でもそうだったが人間臭さが滲み出ている感じ。ルコント作品とこんなにも違うのね。
そしてもっとも注目したのはアルベール・デュポンテル。最近観た「地上5センチの恋心」でも楽しい役だった。今回はちょっと複雑だけど基本的に優しい男。デュポンテルは「ロング・エンゲージメント」はまったく憶えてないが、「アレックス」は記憶にある。魅力あるフランス中年俳優にまたまたハマりそうだ。
こんな魅力的な俳優たちが集まったクラピッシュの群像劇。楽しくないわけがない。

歴史があって誇り高く美しく、世界中から人々を引き付けてやまない街、パリ。
だけど「人々は不満だらけで、文句を言うのが好き」とデュリス演じる主人公は言う。
これもパリなのだね。いやむしろこれがパリなのか。
パリは憧れていたものの実際に行ってみたら、嫌な気分を味わったという人は多い。なぜだろう?答えがそこにあるかどうかはわからないけど、「永遠の街、パリの現在のポートレイト」を描きたかったというクラピッシュ。彼の視線は存分に感じられる。ちょっとパリジャンたちの内側に入ってパリを眺めた。そんな気分の映画だ。

レールズ&タイズ2009年01月12日 13時53分47秒

レールズ&タイズ(2007)
画像元ページ:www.cinema-france.com/.../news4649_rails-ties-en-photos.html

レールズ&タイズ RAILS & TIES
2007 米 監督:アリソン・イーストウッド
ケヴィン・ベーコン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、マイルス・ヘイザー、マリン・ヒンクル、ローラ・セロン、マーゴ・マーティンデイル

ガンで余命幾許もない妻のある鉄道運転士。彼の運転時、線路に無理心中を図ろうとした車が立ち往生。カーブの先にあった踏み切りに車両を見つけた彼は脱線の可能性を判断し、緊急停止措置を行わずできる限り減速して車に突っ込む。母親は死亡、同乗していた息子は辛くも逃げのびた。数日後、里子に出された少年は里親の家を出て子のいない運転士と妻の家にやってきて怒りをぶちまける。

最初に断っておきますが、私はケヴィン・ベーコンが大好きです。数々好きな俳優がいますが彼が最高に好きです。なのでケヴィン贔屓のレビューになってしまうと思われますので、参考にできないと判断される方はここまで。

命が消えるとともにふたりの関係も微妙になりかけていた夫婦の元に飛び込んできた、事故被害者の息子の少年。妻の願いで、捜索願の出ている少年を匿うことになり始まった束の間の擬似親子生活は彼らの心に変化をもたらしていく。

監督がアリソン・イーストウッド、共演がマーシャ・ゲイ・ハーデン・・・必然、思い出されるのがクリント・イーストウッド監督作の「ミスティック・リバー」。製作は当然クリント主宰の製作会社。七光りと手前味噌な感じは否めないがそこは好みの問題。
ケヴィンの長編監督デビュー作も子供が中心の「バイバイ、ママ」。彼の出演作品に数あるひとつのタイプ。「ウィズ・ユー」「woodsman」「マイ・ドッグ・スキップ」「コール」「バルト」・・・。基本、彼の参加したい作品の一種の傾向が見える昨今。ちょっと鼻白むと言われれば否定できないのだけど、映画人として彼の作りたい映画に対する真面目な姿勢が伺える。
作品として、子役を使った泣きの映画とひと括りにしてしまうはちょっと惜しい。家族を失いつつある男の立場、自分の残された人生を生きようとする妻の立場、家族を失ってしまった少年の立場。どれをとっても求めているものを着実に描いた、一人一人の人間の内面に迫るヒューマンドラマだったと思う。
ファミリー映画には違わないが、子供を一人の人間として捉えた家族の関係、家族の中の各自身の位置づけ等のポイントとした脚本を読み込んで制作に参加しているようだ。正直言えば、彼の実力からすればこの範囲に留まって欲しくはない。一番やりたいことではないとしても自分の嗜好に固執せずに映画ファンの求めるケヴィン・ベーコンの魅力たるやを見せ続けて欲しいと思う。
だけれどもはっきりとした目的をもった映画人としての信念があるから、今の彼があるのかもしれないなとも。

2008年のベスト2009年01月18日 07時17分16秒

説得(2007)
PERSUASION


劇場鑑賞、家観混在。家観には※を付けておきます。

1.説得(※)
2.ペネロピ
3.ジェイン・オースティンの読書会
4.僕らのミライへ逆回転
5.ラスベガスをぶっつぶせ
6.やわらかい手(※)
7.ザ・ローリング・ストーンズ「シャイン・ア・ライト」
8.ブラックサイト
9.アメリカを売った男
10.ウォンテッド

次点:アメリカン・ギャングスター、テラビシアにかける橋、ダージリン急行、ファイアー・ドッグ(※)、アイアンマン、新たな恋の見つけ方(※)


男優賞:ジム・スタージェス
       (ラスベガスをぶっつぶせ、アクロス・ザ・ユニヴァース、ブーリン家の姉妹)
女優賞:ダイアン・レイン
       (ブラックサイト、最後の初恋)

次点:ジョッシュ・ハッチャーソン(テラビシアにかける橋、ファイアー・ドッグ)
   ジェームズ・マカヴォイ(ペネロピ、つぐない、ウォンテッド)
   ロバート・ダウニー・Jr.(インクレディブル・ハルク、アイアンマン、トロピック・サンダー)
   マリアンヌ・フェイスフル(やわらかい手)


ブログを見ればジェーン・オースティンにはまった1年だったような印象。「説得」と「ジェイン・オースティンの読書会」の原作まで読んだしね。アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ主演の"Becoming Jane"がものすごく観たいんだけどなぁ。
「やわらかい手」は思いもよらない内容だったので、これは劇場に行くべきだった!と激しく後悔。「シャイン・ア・ライト」はスルーにするはずが周りの評判の良さに推されていって大正解。イブの夜に観に行ったんですが、すんばらしいクリスマスでしたわ♪
作品的にもだけど俳優的にも英国勢が強かったかと。ルパート・ペンリー・ジョーンズ、ヒュー・ダンシーもよかったしね。
ただ、嬉しかったのはロバート・ダウニー・Jr.の復活でしょう!

ポール・ジアマッティ2009年01月25日 11時55分26秒

シンデレラマン(2004)
PAUL GIAMATTI  1967/6/6 USA

よく見る傍役オヤジ俳優の一人で、彼についてもいったいどれが最初だったのか覚えていないし、作品名を見てもどんな役だったのか忘れてしまったものもある。しかしながらここ数年、印象的な役や主演作も出てきてめきめき注目されるようになった名優である。

オヤジ俳優 と書いたが改めて気がついた。同い年だった~。若い頃から今と印象が変わらないのでもっと年上かと思っていたわ。私が覚えているところで一番古いのは「プライベート・ライアン」の兵士の一人か「交渉人」の人質かなぁ。アクが強い傍役で、あのギョロっとした目と早口で捲し立てる喋り方が多くの登場人物の中にいても強烈な印象を残す。
その前に「サブリナ」「誘惑のアフロディーテ」「判決前夜」でも見ていたらしいが、はて?「ベスト・フレンズ・ウェディング」「フェイク」はちょっとおぼろげに憶えてるかも・・・。「デュエット」では歌ってたっけ?「トゥルーマン・ショー」はエド・ハリスの部下でお月様の中にいたんだっけ?「シングルス」は再見して確認。はいはい、いましたね~。これがデビューだそうだ。

一人の役として個性が強いのは「PLANET OF THE APES」(笑)。メイクが似合いすぎと言ったら怒られるでしょか。もちろん"猿"役です。狡猾な役で妙にぴったりなキャラでした。

これがハマリ役だなんてあんまりなので、本当のハマリ役を挙げましょう。「マン・オン・ザ・ムーン」でジム・キャリー演じる主人公をずっと見つめてきた友人。「ビッグ・ママス・ハウス」はマーティン・ローレンスの変身を手伝ってあげる彼。「ペイチェック」ではベン・アフレックを助けてたし、主人公の側にいて支えてあげる役回りが結構ある。その最たるものが「シンデレラマン」でラッセル・クロウをずっと支持して助けてくれたトレーナー兼マネージャー(?)役。これでアカデミー賞の助演男優賞ノミネートはすごく納得だった。真剣になって友を助けようとする姿勢に心打たれる。逆境に立たされた時にあのギョロ目と早口で真剣に熱く叱咤激励してくれる、かなり頼もしい存在。実際にこんな人が側にいてくれたら嬉しいと思うもの。

傍役で重宝される立場でありながらインデペンデント映画では活躍の場が広い。実力ある俳優のタイプ。「ストーリーテリング」や「アメリカン・スプレンダー」のような個性的な作品で重要な存在を見せつけている。「アメリカン・スプレンダー」の主演は特に注目を集め評価された。

近年の活躍はますます目覚しい。「シンデレラマン」の他に主演作で話題になり各賞を受賞した「サイドウェイ」も。見ての通り二枚目のタイプじゃない。どこにでもいる普通の人だからヒューマンドラマは勿論だが、そんなに甘くないラブストーリーが身近でリアルに感じられるのだと思う。
この2004年辺りから彼の快進撃が始まった。M・ナイト・シャマランの「レディ・イン・ザ・ウォーター」でも主演。こんな不思議な世界もジアマッティの個性が意外にマッチして面白いのかもしれない。

そしてまた新しい一面が。普通の人で基本的に"善良"で"良心"を前面に見せる役がほとんどだったので、かなりびっくりしたのが「私がクマにキレた理由」でのローラ・リニーの夫。家庭を顧みない愛人のいる冷酷な男。もともと人相は怪しいかもしれないが、ジト目でニコリともしないと冷酷さが際立って怖いくらいだった。傍役俳優だからよく考えれば当り前なんだけどあまりそういうイメージがなかったのは確か。続けて「シューテム・アップ」を観たら強烈な悪役だった。ギョロ目をさらに大きくさせて早口で喋る言葉を口汚くするとこうなるのか、なるほど。

ルックスの個性はある意味面白い。普通の人も善人も、悪人もOKだし「シンデレラマン」「クレイドル・ウィル・ロック」のクラシカルなスタイルも似合っていた。実力が備わっているのだからどんな役もイケるようだ。この人が出ていればこの映画は安心して観られるといえるタイプの俳優の一人みたい。この分だと年齢に関係なく末永く幅広い作品に起用され続けるでしょうね。おじいさんになってもずっとこの顔は見られるだろうと。つまり、私が死ぬまで映画を観ている間はずーっと♪

「快盗タナーは眠らない」 ローレンス・ブロック2009年01月31日 09時42分22秒

「快盗タナーは眠らない」 ローレンス・ブロック
「快盗タナーは眠らない」 ローレンス・ブロック
THE THIEF WHO COULDN'T SLEEP
by Lawrence Block
(創元推理文庫)

眠らない男タナーは、人知れず眠っているアルメニア埋蔵金貨の情報を得てトルコに渡る。が、到着した途端に空港でスパイ容疑で逮捕されてしまう。

いつも参考にするその年のミステリベストテン。2008年度にランクインしていたローレンス・ブロックの「タナーと謎のナチ老人」。これがシリーズ物で先に第1弾を読んでみることにした。
ローレンス・ブロックはミステリ作家としては有名らしいが、本作はその初期作品でなんと1966年の発表。日本では2007年に初めて翻訳された40年前の作品である。

読み始めてなるほどちょっと時代的に古さを感じたがしかしそれもあっという間。主人公タナーの特異なキャラクターと、スパイ小説のようなそうでないような不思議な雰囲気、先の読めないストーリー展開。どれをとっても他に類を見ない珍しさが面白くてサクサク読めてしまった。
何が特異って主人公エヴァン・タナーは戦争で脳に銃弾を受けた影響で睡眠を必要としなくなってしまったというのだ。1日24時間、人が睡眠に使う約8時間くらいを適度な休息というかストレッチなどでまかなえてしまう彼は残りの時間を各国の語学習得に使い、異能な人物となる。

物語は埋蔵金貨をいただきにトルコへ行くがイスタンブールでスパイ容疑で逮捕される。が、強制送還される途中のアイルランドで無謀にも脱出を図る。更にそこで本物のスパイと思しき人物に何やら文書を託された瞬間に彼は死亡。逃亡者タナーは殺人容疑もかけられ本格的にスパイとして指名手配される中、欧州各国に散らばる人脈を頼ってトルコまでヨーロッパ横断の冒険の旅を続ける。
まず読み始めてすぐに判ることなのでネタバレしてしまうが、彼はスパイじゃない。でも誰もが彼をスパイだと思って疑わないのだ。彼は何も望んでこうなったわけではないような。でもなぜ?そこまでしてトルコに行く?そこはタナーのキャラクターの成せる技で文中でも語られるが微妙で面白い。そのズレがなかなかクールで作品としての方向性が見える。本格的スパイ小説と違うところ、40年前に書かれたものとは思えない感覚。ここが本書の面白さだ。

巻末の尾之上浩司氏の解説が面白い。本書とスパイものに関して述べているが、彼の言ってる事がほとんどを物語っているので引用させてもらう。

“本書の狙いは「定型をなぞると見せかけて、スパイものの要素を片端からおちょくる」ことにあったと見てまちがいない。だから、設定に目を通してから本書を読みはじめた読者は、あらゆる意味で予想を裏切られるはずだ(作者は「裏切りはスパイものの常道」と言いたかったのかもしれない)。”

“アンチ・ヒーロー”“冷めた視線”“ひねくれたアプローチ”。これが本書のスタンスである。

さてこの解説、他の部分を読んで爆笑した。スパイものは60年代から人気のジャンルで、イアン・フレミング原作、ショーン・コネリー主演で「007」シリーズが映画化されたのに端を発して数々の小説、テレビ、映画までにその影響はおよぶ。文中に挙げられたタイトルが面白い。
先の007に始まり、ドラマの「0011ナポレオン・ソロ」「0022アンクルの女」「スパイ大作戦」「アイ・スパイ」「プリズナー№6」「ジョー90」。映画だと「サイレンサー」シリーズ、「電撃フリント」シリーズ。
そして本作タナーシリーズに通じるものとして挙げられたのが、アンチ・ヒーロー路線として「黄金の七人」「ファントマ」「セイント」「唇からナイフ」。小説の「悪党パーカー」から「ルパン三世」。冒険もの的な感覚で「インディ・ジョーンズ」。“スパイものの要素を片端からおちょくる”ってんで「オースティン・パワーズ」「スパイ・キッズ」「ハドソン・ホーク」まで出てくる始末。ちなみに尾之上氏が一番近いと思ったのは「暗殺者」が原作の「ボーン・アイデンティティ」を始めとするシリーズで、エヴァン・タナーはマット・デーモンをイメージするそうだが、私はもっと軽い感じでありながらより無骨なマーク・ウォールバーグを連想した。

さて第1弾を読んだのでそのうち「タナーと謎のナチ老人」を読むとしよう。日本で発行されているのはこの2冊のみだが、なんせ40年前にスタートしたこのシリーズは現在8冊。どれも興味をそそられる筋書きのようだ。中でも1998年発表の8冊目“TANNER ON ICE”は四半世紀ぶりの最新刊で、“二十五年間冷凍睡眠状態にあったタナーの再生が明かされる、といった具合。オースティン・パワーズもびっくりの展開である。”だって(笑)。ものすごく読みたいんですけど~。人気が出ればこのシリーズは順次刊行していく予定だそうで、是非ともお願いしたいところだ。