トロン:レガシー2010年12月30日 04時02分38秒

トロン:レガシー TRON:LEGACY
2010 米 監督:ジョセフ・コシンスキー
ギャレット・ヘドランド ジェフ・ブリッジス オリヴィア・ワイルド マイケル・シーン ブルース・ボックスライトナー ジェームズ・フレイン


映画レビューというか・・・3Dデビュー記念ということで。

え、今頃?とお思いでしょうがそうなのです。
どうしても観たいものが3Dで、上映があれば遠出してしてでも2Dを観に行ってました。それほど観たくなければパスしてたくらい3Dに対してはずっと抵抗があって避けてきました。「アバター」さえも2Dで観ましたし。
そこまでして避ける理由は、

① 鑑賞料金が高い!ただでさえ高いと思っているのに輪をかけて高い!
② メガネが気になる(と思う)。
③ 3D映像効果にほとんど興味がない。

特に③ですが、私は、映画はストーリーと役者と演出が勝負と思っているので、映像にあまり重きを置いていないんです。3D効果はエンタメ系の映画において迫力倍増効果があるのでしょうが、映像効果に頼らなくても演出や現在の特殊効果だけでも十分に迫力満点の作品はたくさんありますし。
結局映画は中身。エンタメは好きですが映画はあくまで映画。その昔ディズニーランドでやっていた「キャプテンEO」のようなアトラクションではないと思っているので。

さて今回デビューとなった作品「トロン:レガシー」。
3Dのみ上映だっていうんで困りました。近所のシネコンはやっぱり特別上映で割引等が一切使えない。で、探してみたところありました!
3Dにもいくつか方式があって、そのうちXpanD方式を採用している劇場では割引サービスが使えるんですねぇ。私が使ったのは レディースデー + 3D で1400円。ただし交通費が320円かかりましたけど・・・それでも2000円以下だったので行くことにしました。交通費がもっとかかれば見送ったかもですね~。

で、「トロン:レガシー」ですが、1982年のオリジナルはジェフ・ブリッジスが主演で、今回はその続編なんだね。観てないのでストーリーも設定も何にも知らない状態で、予告でその世界観がなんとなくわかった程度。オリジナルは観たかったのは主人公役のギャレット・へドランドだしー。合わせてこのゲーム的な感じなら3Dで観てもありかなと。
結果・・・まあまあでしょ(笑)。

やっぱり3Dは好みじゃない。メガネは慣れてしまえばさほど気にならないみたい。XpanDのメガネは他に比べてより重いらしいので、そっちで観ればなお気にならないでしょう。まあ、これで気にならないならもっと高額なそっちを観る必要ありませんけど。

私が気になったのはまた別で、画面の“暗さ”。

ストーリー的に父子のドラマ部分があってそこは2Dで観たい部分。メガネを外して生の明るさにびっくりするくらいメガネをかけると暗い!3D効果のために明るさを犠牲にするなら3Dなんかいらないやと思いました。今回の「トロン:レガシー」は舞台が異空間というかいつも夜っぽく自然光をあまり感じさせない場面が多かったのでまだいいかと思いましたが、太陽や海など光がいっぱいのシーンをメガネによってトーンダウンさせるようなら観たくないです。「ナルニア国」最新シリーズも3Dの予定だそうですが2Dもあるようなので絶対に2Dだな。「ハリポタ」はどうだろう?
現在、明るさに差が出ないのはIMAX方式だけだそうですがこれは劇場が少ないよね。料金はさらにお高めですかね?条件によりではありますが “3Dなら観ない”と思う客は私だけではないと思うのだけど少ないのかしら?そんな客層もあるんだからせめて3Dのみの公開ってやめて欲しいんですがー。 3Dを作る以上コスト関係上そうもいかないとかあるんでしょうねぇ。でも将来的にそんなにポピュラーなものにはならないと思うんだけどな。作品によっては 3Dにする意味がないものがたくさんあるでしょうし。
なんて3Dデビューでありました。

ネタバレになるけど・・・

全編に渡って夜と異空間の場面が多かった本作。だからメガネによる暗さも「まあいいか」と思ったのですが、ラストシーンの展開がこのメガネによる暗さがあることが致命的。私はメガネを外してました。
自然光の明るさはやっぱり美しい。

アントニオ・バンデラス2010年06月12日 19時16分20秒

ザ・エッグ~ロマノフの秘法を追え~(2009)
ANTONIO BANDERAS  1960/8/10  スペイン

久しぶりの上に、なぜ今更この人シリーズ。
今までの傾向からすれば、この濃い~ギラギララテン系オトコは決して好みではない。うちの近所にシネコンがあり公開される洋画は片っ端から観ていたが、数少ない見送った映画がバンデラス&あんじょりの「ポワゾン」と、コリン・ファレル&ジェイミー・フォックスの「マイアミ・バイス」(笑)

多分バンデラスだと意識して観た最初は「デスペラード」と「暗殺者」だと思う。どちらもギラギララテンオトコ全開。スペイン時代の作品は「アタメ」くらいしか観たことがないのだけど、彼はハリウッド進出して大正解だった代表だよねきっと。フェロモン撒き散らしオトコ大好き米国人女性に受けるのは勿論、ブラッド・ピットやディカプリオといった薄めが人気を博している中に大物感を漂わせる俳優の登場は必然だったんじゃないかと。若くてギラギラした強烈な存在感が彼の持ち味。見つめられたらついて行っちゃいそうなセクシーな眼光がとにかく凄い。(って、私はそれが引いてしまう原因なんだけどさ)

そんな彼がフェロモン全開ばかりを前面に押し出しているだけではないのだと知ったのは後になってから。「フィラデルフィア」や「インタビュー・ウィズ・バンパイア」の彼の役に気がついたのは相当後に再見した時のこと。あら、びっくり。こんな繊細さも出せるのね。意外~。
再見で意外な一面に気がついたのはこれだけではない。「愛と精霊の家」の彼も初々しさが見られたことに驚いた。まあ若かったといえばそれまでなんだけど、ギラギラ全開以前の彼もまたいいかも。もちろんその予兆はあるんだけどねん。

ラテン系の濃さは役の幅が広いので俳優としては活躍の場がたくさんある。現代劇からドンパチの西部劇。ファンタジーにホラーにスプラッタ♪後にはコメディにファミリー映画になんでも来いじゃないの。彼のこんなハードさとコメディの混在に目をつけて、特に巧く引き出したのはロバート・ロドリゲスとクェンティン・タランティーノだろうねぇ。どちらも好きな監督で好きな作品がいくつもあるんだけど、中でもロドリゲスの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」はこのブログの最初の頃にも書いたんだけど、このストーリー展開の馬鹿馬鹿しさが最高に可笑しい。このノリは確かにアングロサクソン系の薄さではダメだよね。ジョージ・クルーニー(これまた苦手!)とバンデラスだったからだと思うし。
さらにタランティーノの「フォー・ルームス」がすっごく好きなんだけど、これのバンデラスの微妙さがまた可笑しい。これの最高なのはティム・ロスに尽きる。今となってはこの飄々としたティムとバンデラスがどう絡むの?と思うんだけど、こういう手があったかと感心する。オムニバスの1話だけなんだけど、バンデラスの微妙なコメディ部分があるからこの可笑しさが出たんだと思う。しかし良く出来た映画だよこれはっ。

メラニー・グリフィスと結婚してあっという間にパパになりびっくりさせたバンデラスですが、家庭をこよなく愛すオトコでありながらギラギラは健在。だからメラニーが若いセクシー夫に逃げられないために必死。それは理解できるし、いや自分を磨くのはいいことよね(方法には問題ありだと思うけどさ)。
で、そのままファミリーマンになっちゃった彼が進んだ先が「スパイキッズ」シリーズのファミリー映画の数々。監督がこれがまた同じファミリーマンのロドリゲス。仲間だしねぇ。でもそこに落ち着いて欲しくないなぁ~と思ったのが正直なところ。

ヒューマンドラマとセクシーさ振り撒くハードなアクションとファミリー映画と、多彩な面をバランスよくこの10年はキャリアを重ねてきた。年齢を重ねてセクシーさは落ち着いてくるからか、このところセクシー俳優としてはおとなしく目に留まることがなくなったなぁと思っていたのですが、いやいや人間そんなに簡単には変わらないのね。

ここで取り上げたいと思ったきっかけになったのが「ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を追え~」。一種のバディムービーなんだけど相手が重鎮モーガン・フリーマン。バンデラスも歳をとったっていっても相手が彼じゃ全然若造。その若造振りを出せるのはバンデラスならではの軽妙さがモノを言ったのだと思う。これを観るちょっと前に「パリより愛をこめて」でジョン・トラボルタとジョナサン・リース・マイヤースのコンビを見たばかりだったの。確かにジョナサンが若造の立場なんだけど・・・なんか初々しくはないのよね。だったらもっと若手を使ったほうが良かったかもと思った。でもフリーマンに対するバンデラスは初々しくもあり、素直に彼には従わないやんちゃさが見え・・・で、してやられる!みたいな展開にこれほど合うとは、ちょっとびっくりした。年齢に関係なく相手役によって自分の役柄をマッチさせられるのはたいしたもんだ。さらにこの役のためか常日頃からそうなのかどうかは知らないが、ジーンズに革ジャン姿の腰の細さにびっくり。足から腰、肩幅まで変わらないの。60年生まれってことは今年50歳じゃん。またまたびっくり!いやぁかっこいいっすよ(笑)。

さらに・・・これからが一番言いたかったことかもしれないんだけど・・・フリーマンにやめろと言われても止めなかった、ヒロインへのアタック、アタックっ♪相手はラダ・ミッチェル演じるロシア女。これまたフェロモンむんむんでバンデラスに火をつける。火がついたら止まらないラテン男。ところが相手が1枚上手で彼女に翻弄される。お預け食らったバンデラスってば・・・獣よ、ケモノっ!がるるるRRRRっってっっっ!(大笑)
その後のベッドシーンの濃いーのなんのって・・・。「ポワゾン」のあんじょり相手の大胆さにもびっくりだったんだけど、今回のもこれで全国公開っていいんだろうか?????
でも・・・いやらしいっちゃいやらしいんだけど、「ポワゾン」の時のような気持ち悪い感じはしなかった(あれは相手があんじょりだったからかもしれないけど・・・)。バンデラスの丸見えお尻はやっぱり細くて、とても御歳50歳には見えなかったっすっ♪
ややも可愛いかもとも思えた役回りのバンデラス。見直してしまったよ。

なんて、観ている自分が歳とっただけかもしれないけどね。どんどん出てくる若手俳優はカッコいいとは思っても惹かれることはほとんどなくなってしまいました。甥っ子とかを見てるように思っちゃったり。もうある程度の年齢で少年っぽさが見えるところに弱いのかもしれないな・・・ふっ。  (なんか淋しいぞ~!)

2009年のベスト2010年04月04日 16時39分09秒

もたもたと、2009年のまとめが今頃になってしまいましたが、とりあえず。

(劇場鑑賞)
1.チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室
2.96時間
3.扉をたたく人
4.グラン・トリノ
5.ジュリー&ジュリア

次点:シャッフル、ウォッチメン、いとしい人

(家観)
1.4分間のピアニスト
2.ルックアウト/見張り
3.アフター・ウェディング
4.レールズ&タイズ
5.該当なし


2009年の俳優:アントン・イェルチン
(チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室、スタートレック、ターミネーター4)
2009年の女優:該当なし

総鑑賞本数が格段に減ったのではないかと。そのわりに印象に残らないものはすっかり記憶になく、タイトルだけではもはや判別不可。やだねー。まあ、当然ここに上がってくるものではないので善しとしましょう。

劇場鑑賞で群を抜いてベストだと言えるのが「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」。俳優を挙げるとしてもアントン・イェルチンになりました。彼の快進撃は2010年になってからも続いています。しばらここの露出・・・いや活躍は続くのかな?と言った感じ。そういう意味では今年もロバート・ダウニー・Jr.も同様。
ヒューマンドラマの2本を抑えて次に持ってきた「96時間」は文句なしに気持ちいいエンタメ映画の王道。リーアム・ニーソンの人間離れしたモーレツな突撃は観ていてスカッとする。人を殺しすぎるきらいはあるが、リュック・ベッソンとクェンティン・タランティーノについてはそういうものなので。
で、3・4位になってしまった2本。「扉をたたく人」についてはブログの記事のとおり。「グラン・トリノ」はクリント・イーストウッド節炸裂で、これは私としては彼の代表作の1本として留めておきたいと思う。
「ジュリー&ジュリア」はストーリーの発想(元ネタが実話だけどね)とキャラクター造形が見事で、この年の女性映画では一番楽しめた。料理の出る映画って、巧く出来てるとかなりポイントが高いんだよね。作る側のメリル・ストリープとエイミー・アダムズが楽しそうだし、ましてやスタンレー・トゥッチとクリス・メッシーナがめちゃめちゃおいしそうに食べるのが何よりもいい。
次点はどれもタイプが違うもので比べるのが難しく、ベストには入らなくても無視できなかったもの。「ウォッチメン」はここ最近増えているアメコミの中では最高の出来だと思った。「シャッフル」は久しぶりに新鮮な面白さを感じたサスペンス。タイムマシン・ムービーの面白さは脚本次第。こういうのがたくさん観られるといいんだけどね。「いとしい人」はしっとりとした女性映画。ブログでも深くは追わなかったのだけど、本質の重さはそれはそれ、映画から直接味わえる感じを大切にしたいと思った1本。そんな映画はいつまでも少しだけ心に残ってるんじゃないかと思うの。

家観は今年は不作で5本上げられず。だけれども上位の3本は秀作。「4分間のピアニスト」は劇場で観るべきであった!俳優主義で公開作品を選ぶとたまにこういうところが穴なんだよねぇ。「アフター・ウェディング」もマッツ・ミケルセン出演作でちょっと迷ったんだけど見送ってしまいました。「ルック・アウト/見張り」は劇場未公開。これは脚本が良く出来ていてお見事。ジョセフ・ゴードン・レヴィットもいいし、ブログの記事のとおり。「レールズ&タイズ」はケヴィン・ベーコン作品なので、ってことで♪

2009年は目に留まる俳優もそんなにいなかったなぁと今、思う。アントン・イェルチンが2010年も続いて期待されると書いたけどジョセフ・ゴードン・レヴィットもそう。女優ではエミリー・ブラントが楽しみ。「ジュリー&ジュリア」のエイミー・アダムズと「サンシャイン・クリーニング」に出演。公開前から期待してた割にはそれほどでもなく忘れかけていました。エイミーが基本好きになれなかったのだけど「ジュリー&ジュリア」はGood。この路線なら好きかも。エミリー・ブラントは前年の「ジェイン・オースティンの読書会」からの注目。「サンシャイン・クリーニング」が今ひとつだったので「ヴィクトリア女王」以降に期待しましょう。

ではまた来年。

ゴールデンスランバー2010年02月23日 20時59分35秒

ゴールデンスランバー(2010)
ゴールデンスランバー
2010 日本 監督:中村義洋
堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 香川照之 永島敏行 濱田岳 貫地谷しほり 大森南朋 渋川清彦 柄本明 伊東四朗 木内みどり ベンガル 相武紗季 山口良一 石丸謙二郎 竜雷太


初の邦画レビューになるでしょうか。私は基本、邦画は観ませんし、本は日本人作家のものは読みません。映画はもともと原作より先に観たいのでこの際関係ないのですが、ただ、伊坂幸太郎を1冊も読んでないのでその世界観はまったく知りませんでした。では何故?

堺雅人です。

前日たまたま彼の作品をCSで観たところ、むむむ・・・と。ちょこっとだけ気になっていた「ゴールデンスランバー」が公開中の上、ポイントがたまっていたのでこれ幸い。
ある知人の映画評で、堺雅人について“喜怒哀楽をすべて「笑顔」で表現する堺雅人の笑顔・・・”とおっしゃっていて、今回観て、ああ、なるほど・・・と。私、こういうタイプの演技者って好きだなぁと、じんわり思ったのでした。彼のこの演技を最初から最後まで通して観ただけで「ゴールデンスランバー」は大満足です。やっぱり俳優主義だなぁ(笑)。

伊坂幸太郎は結構映画化になってるのですね。名前は知っていましたが邦画を観ないせいでまったくさらの状態で観ることになりました。彼の世界観にファンタジー性があるとのことですが。そこだけ考えれば私は好きかも知れません。一応事件性のあるストーリーですから本来はリアリティがないと嫌なのですが、今回はなぜか突っ込みどころがあるにもかかわらず、いいかな~と思わせるものがありました。人間部分の繋がりとか心情のしっかりした描かれ方にかなり満足した感があります。最後にそれぞれの行く末や陰謀の真相があやふやでもさほど気にならないです。
先の知人の評で“彼に近しい人は誰一人青柳が犯人だとは思っていない。”というのがあって、私もこれに尽きると思いました。父親や元同僚の言動とそれを聞いた青柳本人(演じる堺雅人の泣き笑いの表情)。これだけでぐっとこの作品に満たされました。
少し前に「アヒルと鴨のコインロッカー」もCSで流れていたのですが、これは途中で観るのをやめてしまいました。リアリティのない変なサスペンス?と入り込めなかったのですが、その時は伊坂幸太郎とは知りませんでした。今となればなるほどですけど。今回とのこの違い。全部が全部伊坂作品を面白いと思えるかどうかやはりかなり微妙かな?「重力ピエロ」も好みではなさそうな気がします。でもせっかくなので「ゴールデンスランバー」は文庫になったらいずれ読んでみようかなぁ。

ま、私の場合、基本は堺雅人だったからでしょうねぇ(笑)。

トーマス・クラウン・アフェアー2010年01月20日 21時28分24秒

トーマス・クラウン・アフェアー(1999)
トーマス・クラウン・アフェアー THE THOMAS CROWN AFFAIR
1999 米 監督:ジョン・マクティアナン
ピアース・ブロスナン レネ・ルッソ デニス・レアリー ベン・ギャザラ フェイ・ダナウェイ  フランキー・フェイソン エスター・カニャーダス 


家に帰ってCATVを点けたら件の映画。
ひっさびさに観た。途中からだったけど。

私、ピアース・ブロスナンっていまいちなんだけど、
レネ・ルッソが大好きなのよね。
ゴージャスな女やらせたらこの人って思ってました。
「リーサル・ウエポン3」でメル・ギブソンを相手に傷痕の比べっこする女。
大物俳優相手に引けをとらない女優だと思っていた。
が、ゴージャスな女ほど年齢は敵。
近年はとんとお見かけしませんが、最後に観た時の印象は・・・厳しかった記憶が。
10年前の作品。やっぱりゴージャスだなぁ。いい女っ!

デニス・レアリーもいい男なんだ。
ブロスナンがいまいちなので彼女が彼じゃなくて、どうしてもブロスナンなのかーーーー!!!!
と思ったのだけど、しょうがないやね。
オリジナルがマックィーンだもんね。

なんてブロスナンに失礼な物言い。
やー、久しぶりに観たけど・・・以前に思っていたより、この役はブロスナンに似合ってるわ。
レネとの相性もいいわ。色気のある俳優なんだわ。最近観たのは・・・

「マンマ・ミーア!」

あー、これはやめたほうが良かったかも。彼もレネ同様、年齢が痛々しく見える。いや、年齢に関係なく、歌は止めといた方が・・・いい・・みたい・・・な、ような・・・。

バリバリ、ボンドやってた頃。「トーマス・クラウン・アフェアー」も同時期よね。色気十分。この頃が一番良かったのかなぁ。
これのブロスナンがいまいちなの、レネをブンブン振り回してる憎たらしい男だからってのもある。
ムカつくくらい惹きつけておいて全部を見せてくれない。離れようとすると、ちら見せしてさらに気を引く。こっちが惹かれるのが悔しくなるような魅力的な男。自分が惹かれていくのが分かるからさらに悔しい。どうしようもなくて泣いてしまう。キーーーーーッ!!!ムカつくっ(怒)
レネのこの悔しいっぷりが可愛いというか・・・リアルというか・・・女のいい部分・・・かもしれないなぁ・・・とも思う。10年前は思わなかったかもしれない。

ふふふ。


途中からだったから、例の階段のラブシーン見逃した。
ものすごく観たくなっちゃったかも~♪