パトリック・ウィルソン2007年08月01日 09時54分39秒

ハードキャンディ(2005)
PATRICK WILSON   1973/7/3  USA

パッと見、なかなかのハンサム。スクリーンにお目見えしたのは2004年から。なのにあまり顔も名前も話題にならないし知らない人が多いと思う。地味だとしても一応の美形であればそれなりに知られると思うのだけど、そうならない彼のことを不思議だと思っている私。

作品に恵まれていない?最初はそうかも。映画デビューが「アラモ」だからねえ(笑)。一応主役級で、共演者がビリー・ボブ・ソーントン、デニス・クェイド、ジェイソン・パトリックと渋め演技派が揃っていて、題材はかの有名なアラモの戦い。テキサスのメキシコからの独立を語るのに欠かせない「アラモを忘れるな! 」の伝説的な話である。このキャスト、題材であるにもかかわらず気の毒なくらいはずしてしまった作品・・・。
ここで若輩の中佐役を演じたウィルソン。ビリー・ボブやジェイソンの側で少しずつ成長を見せながらもアラモで仲間と一緒に散っていく。役どころとしてはいいとこだらけなのに作品が評価されなくてはなんとも。
はじめての印象は確かに若輩者(笑)。骨太な周囲の中で役なりに頼りなさげだったが演技としては悪くなかったと思う。

次は大ヒットを飛ばした「オペラ座の怪人」!
だけど気の毒なのは主演のジェラルド・バトラーに一気に注目が集中してしまったこと。本当にこれは気の毒としか言いようがない。ラウル役はどんなに魅力的に演じてもどうしたってファントムには適わないし、またバトラーが爆発的に人気が出てしまったからねえ。
ラウルの美しいルックスも舞台仕込みの美声も歌も決して悪くないんだけど仕方がない。

そう舞台出身のウィルソン。オフ・ブロードウェイからブロードウェイ。ヒュー・ジャックマンでもおなじみの「オクラホマ」とブロードウェイ版「フル・モンティ」でトニー賞ミュージカル部門最優秀主演男優賞に二年連続ノミネートされた実力派なのだ。地に足がしっかり着いていればそんな不運も乗り越えられるはず。
基礎がしっかり出来てる演技力はやはり重厚なドラマへの起用につながった。TVドラマのミニシリーズ「エンジェルス・イン・アメリカ」である。
アル・パチーノ、エマ・トンプソン、ジェニファー・ジェイソン・リーなどの実力派と共演のショッキングで複雑な人間ドラマで彼はゲイに目覚める弁護士を熱演。ドラマは大評判になった。彼の演技も着実に認められたはずだ。

残念ながらドラマなので日本での知名度はそれほど上がらないが、次の作品もなかなか衝撃的。「ハードキャンディ」がそれ。赤ずきんちゃんに復讐されるロリ男?という役柄。なんだってこんな役ばかり選ぶのかね?(笑)
真面目で優しそうなハンサム男が恐怖に引きつり泣き叫ぶ大熱演。女の私でもこの危機感は臨場感たっぷりで怖かったんですけどー。
この悲劇の主人公のウィルソンはカルトムービー好きには顔を覚えてもらったことだろう。

彼の最新作は「リトル・チルドレン」。ジェニファー・コネリーという美しい妻がありながら、ケイト・ウィンスレットとの情事に走る主夫。「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督作でこれまたただものじゃない雰囲気の人間ドラマ。実は私は映画自体にはあまりピンと来なかったのだが、出演者の演技はその誰もが微細で実力の程が伺えるもので見応えがあった。ウィルソンもそのひとり。こういうタイプの作品にキャスティングされるだけの実力があることの証明だと思う。

これが日本で観られる彼の作品全部かな?まだまだこれからなんだと思うので是非とも記憶に留めて欲しい俳優なのだ。演技は勿論だが、ほんとにハンサムなんだしさ♪
ついでだが、ウィルソンはカラダもいい(笑)。いやいや、ほんとに逞しくて均整の取れた体なんだってば。考えてみるとこの人はよく脱いでるんだこれが。舞台では「フル・モンティ」だし(笑)。
役柄のせいもあるんだけど、舞台経験のせいかしっかりと作りこまれたような体は「リトル・チルドレン」でのウィンスレットとの絡みで惜しげもなくさらされているがとにかくキレイだという印象。前売券などの写真とか芸術品みたいでイヤらしさが感じられない。
アスリートみたいな体つきだと思っていたので、今回フットボールのシーンがあるのだがこれはいい。いつかそんな役で観られるといいかも。期待大!

フレディ・ロドリゲス2007年04月20日 20時52分18秒

シックス・フィート・アンダー(2001~)
FREDDY RODRIGUEZ  1975/1/17  USA

TVでの活躍で注目の俳優その2(笑)。私には比較的珍しいラテン系のルックスだが、彼自身の出身はシカゴ。キャリアのスタートは14歳。地元の劇団、演劇系の学校でみっちり下積み。こなした舞台は20本以上。

「雲の中で散歩」「待ちきれなくて…」「ペイバック」などに出ていたらしいが記憶にない。「雲の中で散歩」なら、あのぶどう農園の家族か従業員のひとりだろうねえ。
小さい役で映画出演作が何本かあるが、彼が一躍有名になるのはTVシリーズ「シックス・フィート・アンダー」。葬儀社の天才遺体整復師という変わった役だが、ドラマの中での彼の存在感は抜群。ブラックなテイストの家族のドラマだが作品的にも見応えがある。

そんな彼を映画で見たのは「ワタシにキメテ」というB級コメディ。なんと彼は歯が痛くて頬を腫らしたキャラ。意味があるのかないのか微妙な役だが、結構笑えたし彼を完璧に認識した。(笑)

次に見たのは「夢駆ける馬ドリーマー」。ダコタ・ファニングが復活させようとする持ち馬の騎手。体が小さいうえに細いとは思ったがこういう役があったか!と。ありがちなサクセスストーリーではあるが、キャスティングもいいし作りが丁寧でなかなか楽しかった。彼とルイス・ガズマンとのコンビは見所だと思う。

「ポセイドン」のアンサンブルキャストに入っていて期待したんだけど、あの程度だったのは残念。もっと使えるキャラだったと思うのに~。
かと思えば「レディ・イン・ザ・ウォーター」ではニヤリとする使われ方。ポイント高め♪

そして「ボビー」で再びアンサンブルキャストに入る。今度の彼はアンバサダーホテルの厨房職員。アメリカで生きていくラテン系の人間の悲哀をあの膨大なドラマとキャストの中で埋もれることなく存在感を発揮する。
アメリカのラテン系小市民を善人から小悪党まで。ドラマもコメディも多才にこなせそう。小気味良いというか、知恵がありそうというか知的な感じがするのも興味をひくところだ。

新作クェンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲス監督作品だそうだ。そんなのがあるのね。めっちゃめちゃ楽しみなんですけどっ♪

ブルース・グリーンウッド2007年03月22日 17時51分18秒

華麗なる恋の舞台で(2004)
BRUCE GREENWOOD  1956/8/12 カナダ

近年、ハリウッドでは同じ英語圏の外国人俳優が活躍しているのを目にする。英国人は勿論だが、私が贔屓のオーストラリア人、そしてカナダ人俳優だ。
その中でも目立つのがこの人。90年代後半から目にするようになったが、2000年以降1年に3本は新作に出演している。傍役とはいえ、かなりのワーカホリックぶりだ。

最初に見たのは「ダブル・ジョパディ」でのアシュレー・ジャッドの問題の夫。普通すぎてすぐ顔を忘れた。この手のヒロインの夫とか主人公の父親役が多い。「スウェプト・アウェイ」はマドンナの夫。「レーシング・ストライプス」はヘイデン・パネッティアの、「愛ここにありて」はリーリ-・ソビエスキーの父親だ。

認識したのは「13デイズ」。なんとJFK役!本人にとっても大冒険だったと思うがまあまあの雰囲気だったと思う。評判が悪かったという話も聞いていない。まだハリウッドで顔がそんなに知られていなかったのが功を奏したのではないかと。この頃から彼の大進撃が始まる。地味な雰囲気がはまる役人、軍人のお偉方に始まり、サスペンスの悪役、敵役のオファーが続々。
「英雄の条件」「ビロウ」「ハリウッド的殺人事件」「スティール」「アイ,ロボット」は、全部それだ。しかも悪役といえどもアクションなし。自分で実行するより裏で企むタイプで、最後に主人公に不正を暴かれてしまう情けない人物がなんと似合うこと・・・。(笑)

ひと通りその手の彼を見た後で、旧作、カナダでの作品を観た。「エキゾチカ」「スウィート・ヒア・アフター」などアトム・エゴヤン監督作品の常連だったようだ。彼の顔が最初に知られるようになったのはここからだろう。地味な雰囲気はそのままだが、運命に翻弄される人間の姿をリアルに演じているように思った。やっぱり昔から、どちらかといえば情けない側の人間役が嵌るタイプなんだろうな。
そう考えると、やはりJFK役は大抜擢だよねえ。

でも、地味だけどルックスは決して悪くはない。「エキゾチカ」や「蘭の女」で女に翻弄される彼は、そこそこの優しい顔だから雰囲気が出たと思う。「ザ・コア」のパイロット、「南極物語」の大学教授、「デジャヴ」のFBIのお偉方、なんかは情けなさも幾分マシになったのでは?
優しい顔というのは使われ方も様々だが「カポーティ」で、カポーティのパートナーなんてのもある。ま、いつかくるかもとは思っていたよ♪

しかしこの人は役の大きさにはとんとこだわらないらしい。「13デイズ」のJFKに匹敵する役はその後まったく見ていない。「史上最速のインディアン」のボンヌヴィルの整備士には驚いた。たった数シーンで、台詞も極わずかで目を疑った。仕事が好きなのね、きっと。

さて、役は相変わらず大きくはないが「華麗なる恋の舞台で」の彼がとてもいい。ヒロインのアネット・ベニングの大切な友人なのだが、このチャールズ・タマリー卿がとってもいい男!ベニング演じる女優のジュリアを影ながら信じ、励まし続けて彼女の心の支えの一人となる。
優しい顔立ちと折り目正しい雰囲気が、上流階級の穏やかな人物像にぴったりなのだ。こういう路線ももっとあってもいい気がする。

映画好きの人なら、たとえ憶えていなくても、1年に1回も見ないで済むことはないであろうブルース・グリーンウッド。この姿勢はこれからも続くであろうと思われる。せっかくだからこの機会によろしくね~。

バリー・ペッパー2006年12月03日 20時29分20秒

25時(2002)
BARRY PEPPER  1970/4/4 カナダ

若手の脇役俳優の中でも実力派の一人だと思う。重厚な役がよくキャスティングされるので印象に残る。映画ファンならこの顔には見覚えがあるだろう。

私が最初に彼を見たのは「プライベート・ライアン」のスナイパー。十字架にキスする姿も照準を覗く真っ直ぐな眼差しも非常に印象深かった。
その直後に見た彼は「エネミー・オブ・アメリカ」でウィル・スミスをあらゆる手段で追いかけるCIA側のスタッフのひとり。一転して人間味のないマシンさながらにスミスを執拗に追う彼の目が怖かった。そんなに大きな役じゃなかったにも関わらず彼が記憶に残っていた。
翌年の「グリーン・マイル」はまた心優しい役に戻る。トム・ハンクスの部下の看守。マイケル・クラーク・ダンカンの処刑で涙を堪えられずに泣き通しだった。

ハンサムとはいえないしかなり個性的なルックスのように思えるが冷たく非情な顔にもなればいい人然とした優しい笑顔も見せる。結構演技派かと思ってから彼を見る目が変わってきた。キャスティングされる役も複雑な心情描写を必要とするものが増えてくる。

戦場カメラマンとして戦地で悲惨な現状を目の当たりにして衝撃を受ける「ワンス&フォーエバー」。
寡黙な性格で周囲に誤解を招くメジャーリーガー、ロジャー・マリスを演じた「61*」。
父親の威光の下、金に不自由しない暮らしを送っていたが一人前のマフィアとして認めてもらおうと躍起になる息子を演じた「ノック・アラウンド・ガイズ」。
兵士たちにハッパをかける一方彼らのために前線に残る人望の厚い軍曹だった「父親たちの星条旗」
「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」では、トミー・リー・ジョーンズに人を殺した償いをさせられる自分中心で周囲に対して愛情のかけらもない子供のような男を演じて高く評価された。

一筋縄ではいかない性格の男をやらせると抜群にその威力を発揮する。個性的なルックスが無表情から苦痛に歪むその瞬間の表情はすごい。
私が一番胸を打たれたのは「25時」で演じたエドワード・ノートンの親友。あと1日で収監される麻薬の売人のノートンを送り出してやる彼はエリートの株ブローカー。まったく違うフィールドで生きながらもノートンに対する友情は厚い。彼に懇願されてぼこぼこに殴りながら号泣するペッパーの胸の内を想うと一緒に泣き出したくなった。

私がペッパーを思い出す時に真っ先に思い浮かぶのは彼の泣き顔だ。
「グリーン・マイル」、「ワンス&フォーエバー」の静かにだけど涙を滝のように流す泣き顔。
「25時」、「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」の勘定を爆発させて叫び声を上げて号泣する姿。
どちらも胸倉を掴んで揺さぶられるような衝撃がある。

若手俳優の中でもひとつ群を抜いてリーダー格になってきたこの頃、アンサンブルキャストの中でも埋もれない存在感になった。この個性と実力で主演級の作品もどんどん増えてくるだろう。

その昔「バトルフィールド・アース」なんて恐ろしい大ブーイング作の主演をしたが、今後はそんな選択はしないと思うんだけどねー。(笑)

ビル・ナイ2006年11月24日 22時18分53秒

ラブ・アクチュアリー(2003)
BILL NIGHY  1949/12/12 UK

この人を最初に見たのは何だったのか、もう思い出せないくらい馴染みの俳優になった。見た目に怪しいオヤジ俳優ビル・ナイ。
独特のオーラを放っていて“何だこいつは?”と思う人も多いに違いない。

多分に一番有名なところでは「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」のデヴィッド・ジョーンズ。あの髭がタコ足の化け物なので素顔はわからないけどね・・・。
それならば「ラブ・アクチュアリー」のクリスマスソングで毒を吐きまくるオヤジロッカーはどうだろう?人間臭いオヤジが何とも言えずいい感じだとは思わないか?なんだか内田裕也みたいだと思ったのは私だけかな?(爆)

私が一番好きなのが同じオヤジロッカーで、もう少し先に演じていた「スティル・クレイジー」。
これまた復活を賭けようとするオヤジバンドのヴォーカリストで、とんだやんちゃ坊主がそのまま大人になっちゃったみたいなキャラクター。キレまくるかと思えば落ち込むとオヤジの哀愁ずっしり・・・。
自分が共感できるところなんてどこにもないのに、どうしてこうも一緒に淋しく感じてしまうのか?そんな不思議に魅力的なキャラを持っている。

異形のものなら「アンダーワールド」シリーズの吸血鬼はそのものでまったく違和感がない。(笑)
ヤな奴なら「シャンプー台のむこうに」「ナイロビの蜂」で彼の爬虫類的な冷たさ、いやらしさを堪能できる。
コメディなら「ラッキー・ブレイク」「ショーン・オブ・ザ・デッド」「銀河ヒッチハイク・ガイド」で不機嫌な顔をしながらどこか笑える彼独特のおかしみを感じられるだろう。
唯一意外に和み系のキャラもあるが「Jの悲劇」の彼はある意味必見かも。
しかしどの作品からもどこかにじみ出てる彼のオヤジの哀愁を嗅ぎ取って欲しい。(笑)

味のある英国人オヤジのビル・ナイ。上品さが目立つ同年代英国人俳優たちの中で異彩の輝きを放つ彼に今後も大いに期待したい。
だって本当に面白いんだもん、このオヤジ。(笑)