ポール・ジアマッティ2009年01月25日 11時55分26秒

シンデレラマン(2004)
PAUL GIAMATTI  1967/6/6 USA

よく見る傍役オヤジ俳優の一人で、彼についてもいったいどれが最初だったのか覚えていないし、作品名を見てもどんな役だったのか忘れてしまったものもある。しかしながらここ数年、印象的な役や主演作も出てきてめきめき注目されるようになった名優である。

オヤジ俳優 と書いたが改めて気がついた。同い年だった~。若い頃から今と印象が変わらないのでもっと年上かと思っていたわ。私が覚えているところで一番古いのは「プライベート・ライアン」の兵士の一人か「交渉人」の人質かなぁ。アクが強い傍役で、あのギョロっとした目と早口で捲し立てる喋り方が多くの登場人物の中にいても強烈な印象を残す。
その前に「サブリナ」「誘惑のアフロディーテ」「判決前夜」でも見ていたらしいが、はて?「ベスト・フレンズ・ウェディング」「フェイク」はちょっとおぼろげに憶えてるかも・・・。「デュエット」では歌ってたっけ?「トゥルーマン・ショー」はエド・ハリスの部下でお月様の中にいたんだっけ?「シングルス」は再見して確認。はいはい、いましたね~。これがデビューだそうだ。

一人の役として個性が強いのは「PLANET OF THE APES」(笑)。メイクが似合いすぎと言ったら怒られるでしょか。もちろん"猿"役です。狡猾な役で妙にぴったりなキャラでした。

これがハマリ役だなんてあんまりなので、本当のハマリ役を挙げましょう。「マン・オン・ザ・ムーン」でジム・キャリー演じる主人公をずっと見つめてきた友人。「ビッグ・ママス・ハウス」はマーティン・ローレンスの変身を手伝ってあげる彼。「ペイチェック」ではベン・アフレックを助けてたし、主人公の側にいて支えてあげる役回りが結構ある。その最たるものが「シンデレラマン」でラッセル・クロウをずっと支持して助けてくれたトレーナー兼マネージャー(?)役。これでアカデミー賞の助演男優賞ノミネートはすごく納得だった。真剣になって友を助けようとする姿勢に心打たれる。逆境に立たされた時にあのギョロ目と早口で真剣に熱く叱咤激励してくれる、かなり頼もしい存在。実際にこんな人が側にいてくれたら嬉しいと思うもの。

傍役で重宝される立場でありながらインデペンデント映画では活躍の場が広い。実力ある俳優のタイプ。「ストーリーテリング」や「アメリカン・スプレンダー」のような個性的な作品で重要な存在を見せつけている。「アメリカン・スプレンダー」の主演は特に注目を集め評価された。

近年の活躍はますます目覚しい。「シンデレラマン」の他に主演作で話題になり各賞を受賞した「サイドウェイ」も。見ての通り二枚目のタイプじゃない。どこにでもいる普通の人だからヒューマンドラマは勿論だが、そんなに甘くないラブストーリーが身近でリアルに感じられるのだと思う。
この2004年辺りから彼の快進撃が始まった。M・ナイト・シャマランの「レディ・イン・ザ・ウォーター」でも主演。こんな不思議な世界もジアマッティの個性が意外にマッチして面白いのかもしれない。

そしてまた新しい一面が。普通の人で基本的に"善良"で"良心"を前面に見せる役がほとんどだったので、かなりびっくりしたのが「私がクマにキレた理由」でのローラ・リニーの夫。家庭を顧みない愛人のいる冷酷な男。もともと人相は怪しいかもしれないが、ジト目でニコリともしないと冷酷さが際立って怖いくらいだった。傍役俳優だからよく考えれば当り前なんだけどあまりそういうイメージがなかったのは確か。続けて「シューテム・アップ」を観たら強烈な悪役だった。ギョロ目をさらに大きくさせて早口で喋る言葉を口汚くするとこうなるのか、なるほど。

ルックスの個性はある意味面白い。普通の人も善人も、悪人もOKだし「シンデレラマン」「クレイドル・ウィル・ロック」のクラシカルなスタイルも似合っていた。実力が備わっているのだからどんな役もイケるようだ。この人が出ていればこの映画は安心して観られるといえるタイプの俳優の一人みたい。この分だと年齢に関係なく末永く幅広い作品に起用され続けるでしょうね。おじいさんになってもずっとこの顔は見られるだろうと。つまり、私が死ぬまで映画を観ている間はずーっと♪

コメント

_ 哀生龍 ― 2009年01月25日 17時26分27秒

哀生龍も、どの作品で初めて見たのか、いつ彼の名前を覚えたのか分からない、“気付いたらお馴染みの端役”の1人です。
一番最近見たのは「ブラザーサンタ」で、ヴィンス・ヴォーンの“弟”役でした。
「アメリカン・スプレンダー」の主役は、本当に特異というか、彼以外に誰も思いつかないようなキャラ。
彼の個性は貴重ですよね。
とても個性的なのに、色んな作品に出演しているところがまた凄い!

で、めかぶさんの記事を読んでい一番驚いたのは、1967年生まれだったって事!
失礼ながら、哀生龍ももっと年上だと思ってました(^^ゞ

_ NOB ― 2009年01月27日 19時01分56秒

こんばんは~^^
Paul Giamatti良いですよね~!
自分は【交渉人】か【トゥルーマン・ショー】のどっちかが最初だと思うんですけど、全く記憶がなく...(苦笑)。
【サンダーパンツ!】の時には顔と名前が一致してたみたいなんですけど、その間に何か観たっけ?って感じです(笑)。

哀生龍さんが挙げている【ブラザーサンタ】は、色んな意味で素晴らしい映画でした(笑)。
【幻影師アイゼンハイム】の時も良かったです~^^

受賞作品が早く観たいです!

_ めかぶ ― 2009年01月27日 20時44分06秒

りんさん、ども♪

そうなの同い年だったの。でも元から老けてるというか、彼はあまりに個性的過ぎて、それほどショックでもないような~(笑)。
「ブラザーサンタ」は未見なのだ。メモメモ・・・。

_ めかぶ ― 2009年01月27日 20時53分30秒

NOBさん、こんばんは♪

名前を挙げた出演作は全部観た上でメモしてあったものなのですが、いろいろありすぎて忘れてしまいましたわ~。
近年になって特に話題作が豊富なジアマッティは、今年の各賞でも話題に上がるTVM「ジョン・アダムズ」があるようですね。とうとう大統領役ですわよ。しかもファーストレディはローラ・リニー。きゃぁ、観たい!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mekabu.asablo.jp/blog/2009/01/25/4080083/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。